先日、過重労働解消のためのセミナーが長崎市にて開催されました。
過重労働

















内容を一部シェアいたします。

 ○ 過重労働防止の取組みは、まず経営者・管理者が方針を表明する「トップ宣言」をし、
   次に、その方針に「社員が賛同」したうえで、それを実現する「仕組み作り」が重要。
   「トップ宣言」や「社員の賛同」が無く、形式的に「仕組み作り」が行われた事例として、
   「ノー残業デイ」が定められたものの、実質化されない事例が挙がっていた。

 ○ 「頑張れば成績が上がる、頑張るのが美徳」→「時間外は良くないという意識」へ
   シフトが必要。そのためには「不要な仕事の仕分け」、「ワークシェアリング」、
   「適正な職業配置」がカギとなる。

また、参加された方の感想を一部ご紹介します!

 ○ (セミナーに関して)メンタル面の話が出ると予想していましたが、精神疾患についても
   触れられていました。大村から参加して良かったです。

今後開催される地域もございますので、ご興味をお持ちの方は是非チェックください。
 → http://partner.lec-jp.com/ti/overwork/


【執筆者: 野口裕貴 (LEC長崎支社 支社長)】


 

【お申込み・お問合わせ先】(受付時間 8:30~17:30 ※土日祝除く)

株式会社東京リーガルマインド 長崎支社 
FAX 095-832-4316

E-mail : kk-nagasaki@lec-jp.com